新規サイト025

猫に小判


Topページに戻る



私にとっては全く身の丈に合っていない超高級品(猫に小判)

主に測定器と軍用無線機







アドバンテスト R3762BH
1000ページはあろうかと思われる 取扱説明書 を読んでも未だによく分からない難物。






ネットアナが十分に使いこなせないのは、単体では使い道が無いことが大きいです。
とりあえずは、N型コネクターの付いた同軸ケーブルが多数必要です。
しかも、N型だけじゃダメで、BNCやSMA、それに相互の変換コネクターも多数必要になります。
コネクター類はアマゾンで中国製を買えば、性能は知りませんが安価に揃えることができます。
周辺部品で一番高価だったのが、写真の上部に写っているアンリツ製の校正用アダプター。
中央の青い基盤は、SWRブリッジでもちろん中国製。







安かったので面白そうだと衝動買したが、これも難物。




操作ボタンが多すぎて、取説なしじゃチンプンカンプンです。






大型ダミーロード

TV放送局(VHF 9CH))が解体されるのでコネを頼りに持ち帰った。



キャスターは私が取付けました。 10KW 油冷循環式 もちろん 50Ω


カバーを外して撮影


クルマのラジエターと同じようなものが付いていて油を循環させている(下側のモーター)
プロペラファンはラジエターを冷やします

モーターは 三相200V 



手前の円筒の中にダミー抵抗器が入っています



同軸コネクターは 約79o



ちなみに解体されたTV送信機 (東芝製)



左側が 3KW 音声出力(7F71R)
中央は映像ドライブ(7F71R)
右側は 10KW 映像出力(8F67R)