新規サイト025

蜜蜂の飼育と里山の管理    



Topページに戻る



ニホンミツバチ、頑張っています

令和4年5月22日

極小群ながら少しずつでも巣が大きくなっています。
蜂数は今が一番少ないと思う。 老いた蜂は死んでいくけど、これからは若蜂が羽化します。














ニホンミツバチ、3年ぶりのご入居

令和4年4月27日

極小群です。 なんとか頑張ってもらいたい!





柿の実を収穫

令和3年10月17日

久しぶりのビ−ワ−ルドです。

愛宕柿(渋柿)がちょうどよい具合に実っていました。



=干し柿に加工します。





一方、こちらは別宅の敷地内の富有柿(甘柿)です。
もう少しだけ熟れたほうが柔らかいかな?



=そのまま、皮をむいて食べます。





西条柿(渋柿)です。



=焼酎で渋抜きをしてから食べます。

手前はちょうどよい熟れ加減ですが、奥は「熟し柿」になっています。
ここまで熟れると、もう渋みはありません。=細君の大好物、私はほとんど食べません。




全部でキャリ−で 4個くらい収穫しました。多少難ありでよければまだまだあります。
家に帰って手が痛くなる程、処理をしました。














カラスザンショウが満開

令和3年8月1日



タラの芽のタラも咲き始めました。こちらの満開はもう少し後になります。








消毒

令和3年7月25日

6月20日にここで記した 富有柿(甘い)が・・・こんなことになっています。


犯人は↓コイツです。



何という虫の名前か知りませんが、蛾の幼虫みたい。 =イラガでした
スミチオン(殺虫剤)を散布してやっつけます。





トウモロコシを収穫

令和3年7月19日



四国地方もやっと梅雨が明けました。
実の入ったトウモロコシから順次収穫して、茹でてから冷凍保存します。






トウモロコシあと数日で収穫できそう

令和3年7月14日

久しぶりのトウモロコシ畑です。





トウモロコシは、こんなに育っていました。



あと数日で収穫できそうです。







モクゲンジが満開

令和3年6月25日



モクゲンジ、満開です。



イヌゴシュが開花です。






柿の摘果

令和3年6月20日




富有柿(甘い) 半分以下に摘果します。




西條柿(渋柿)です。





里山の蜜源植物

令和3年6月16日




モクゲンジが咲き始めました。




こちらはナンキンハゼ。 開花はもう少し先です。




イヌゴシュ。もう少しで開花します。





新女王蜂に更新

令和3年6月13日




女王蜂は「婆さん蜂」よりも「ピチピチギャル」の方が圧倒的に優秀です。
なので、最低1年に1度は「更新」と称して新旧女王蜂に交代してもらいます。

写真中央の長い蜂が「W1A」と名付けた新女王蜂。





アカメガシワ が開花
令和3年6月3日


里山では「嫌われ者」ですが、貴重な蜜源植物の アカメガシワ が開花し始めています。
ビーワールドの周囲(蜂の行動範囲である半径2q)には恐らく 1,000本以上自生している。






ビーワールドの蜜源植物

令和3年5月30日

クリの木 咲き始めました。ビーワールドの周辺には何十本と植わっています。




イヌゴシュ 開花するのは約半月後か